2015年4月アーカイブ

皆様、Generatorというものをご存知でしょうか? Generatorとは昨年のMAXにて発表されたPhotoshopの機能拡張の仕組みです。現行のPhotoshopはサーバーとして動作させるためにネットワーク上にポートを開放しており、リモート接続を行うことができます。この機能のおかげでタブレット等のアイテムをPhotoshopと連携させることが出来るようになりました。Generatorはこのサーバー機能にNODE.jsを利用して接続し各種コントロールを行おうというものです。
Generatorのコア自体はNODEで組み立てられたものですので、ユーザーがプラグインを作成する場合にはJavascriptでプログラミングをおこないます。そして、Generator自体はNODEのプロセスとなりますから起動にはターミナルからコマンドを実行する必要があります。しかしながら、NPM等の豊富なライブラリ類が利用できる事と、V8エンジン上で動作するといった大きなメリットも存在します。
ここから独り言なのですが......完全にCEPと被ってる......失礼しました、とりあえずセットアップから解説しましょう。

コケました。ハンドルとクラッチレバーに挟まれた小指が3つに割れています。で、シーネってやつ当てられて小指のみとっても太くなっているのです。おかげでAとかTabとかcotrolキーを押すのに四苦八苦です。
そんな中今回はデータセットの利用をやってみたいと思いますです。

今日は4月1日です。騙されて飛ばされてきたのかフィードを拾ってきたのかはわかりませんが、今回はIllustrator旧バージョンの救済措置でございます。

次期のAIではFlashインターフェースが廃止される事が決まっていますが、それに伴いQR Code makerはHTML5系パネルとなり、また、インターナショナル版としてリニューアルする予定です。結果としてCS6以前のFlashランタイムを搭載するIllustratorでは動作しなくなります。また、このバージョンは漢字モードを搭載しませんのでCJK等の言語はUTF-8でエンコードされることとなります。勿論、コード化可能最大文字数等は低下します。しかしながら、ver.40のQRCodeを作った方が存在するかというと、そんなことをする人は皆無だと思われます。

このアーカイブについて

このページには、2015年4月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2015年3月です。

次のアーカイブは2015年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 5.12

    follow? twitter...     
    available on exchange