2015年1月アーカイブ

たまにオブジェクトモデルを精査するために膨大な量のドキュメントをチェックしたりします。言語なんて様々で、中にはドイツ語で書かれた物まで混じっているので困りモノです。それでも出てこない情報が山のようにあるのですが...
そんなこんなで、先日ESTKのOMVを流し読みしている時にプレビューされたテキストの中にZIPという文字があることに気が付きました。丁度DeviceCentralCS5のZIPFileオブジェクトの部分を見ていたようです。
zipファイルを取り扱うオブジェクトというのがあって、どうやらzipファイルを生成出来るようです。しかし、どうやってDeviceCentralで動かすのでしょう?ESTKでも接続できないようですし...
まあ、こんな時#targetを設定してあげれば自動的に立ち上がって動きますが一々ESTKからってもの面白くないので今回もBridgeTalkをりようしてどのアプリケーションからでも呼び出せるようにします。

何を集めるんだ?って言われると困ります。(いや、困りませんが...)なんかコメント頂いてたみたいなので大昔(でもない)に作った収集スクリプトの更新をしとこうと思った次第です。ぶっちゃけ、自分用のは最新版まで対応させていました。リリースしなかったのはCCで収集機能が追加されたためです。まあ、開いているドキュメント全部を一処に集めるといった事もできますので「使うメリット」というのも無いわけではありません。また、今回は先日やったIndesignの孫まで集められる例のやつもアップデート版を並べておきましょう。

イラストレータのネイティブオブジェクトには各種イベントが盛り込まれています。これらを使うにはC++でプラグインを書かなければいけないのですが、複雑なプロジェクトとなるとC++で全てを賄うのは少々骨が折れます。そこで、AdobeExtensionSDKとExtendScriptの連携をうまく利用できればネイティブオブジェクトが検知したイベントに反応する形でCEPエンジンを介してExtendScriptを実行出来るといった曲芸を可能とします。
こういった機能はAdobeExtensionSDKではHotAdapterプラグインとして提供されているものですが、CEP向けのリリースは遅れています。しかしながら、機能としては単純なために、実装はそう難易度の高いものでもなかったりします。
今回はサンプルスクリプトを利用して類似の機能を実現し、ネイティブからExtendscriptまで縦断する実装のテストを行います。

以前からお伝えしています通り、InDesignCCより搭載されたQRコード生成機能には日本語における漢字モードを正常に扱えないという致命的な欠陥があります。
まあ、何回か報告しているので知らんぷりされているのか、日本語だから報告を上げないのか、私の英語能力が酷すぎるのかは定かではありません。わたしとしては「もう諦めた」感いっぱいです。糠に釘を打つような感覚なので、もう触りたくないというのが本音です。
で、最近QRCodeエンジンに手を入れたのを機会にID版のQRCodeMakerを作ってみました。

このアーカイブについて

このページには、2015年1月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年12月です。

次のアーカイブは2015年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 5.12

    follow? twitter...     
    available on exchange