2013年9月アーカイブ

Quark Xpress4.0のデータから結構苦労してデータを吐き出しています。その後AI、ID、Acrobat等を一通り通してオンデマンド機までデータを通すのですが、工程が複雑でとんでもない事になっている状態なのです。
今回は面倒くさくなってきてたので6割方自動化を行いました。それでも連日残業という状態なのです。
まあ、皆様に比べればかわいい物ですが、総合的な実力を試されているような気がしている今日この頃なのです。
そんなこんなですから超のつく"コ"、"ネ"、"タ"と言う事で行ってみましょう。

先日リリースされたCC-Extension Builder for Bracketがバカみたいに使いやすい代物でこちらでもご紹介させていただきます。
https://github.com/davidderaedt/CC-Extension-Builder-for-Brackets
ありがとう、davidderaedt氏。ついでにforkもさせていただきました。細かい所なのですが、テンプレートにAuthorとDescriptionはさみ込む為だけなんですがね...こうしておくと生成されたディレクトリをそのまんまbuilderでパッケージかけて配布という流れが可能になるものですので。
builder自体は2つの機能を包含したアプリケーションです。一つはアクションスクリプトでコーディングされたmxmlファイルをコンパイルしswfファイルを生成する機能。もう一つが生成されたデータ群をパッケージ処理してサインする機能。これらの機能は個別に働くため、今後HTML5パネルが主流になってもパッケージ処理は利用出来るのです。
まあ、本日はこの事を書きたかったのではありません。GoogleClosureCompilerを使ってみたのでレビューしておこうと言った所なのです。

このアーカイブについて

このページには、2013年9月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年8月です。

次のアーカイブは2013年10月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 5.12

    follow? twitter...     
    available on exchange