HTML Panel Reference for Configurator 4

| コメント(3) | トラックバック(0)
雨の影響か、いきなり涼しくなって過ごしやすいです。気持ちよく寝られるので目覚まし時計が恨めしいです。もうちょっと寝ていたいwまあ、そうも言っていられないので、もそっと起き出してお掃除を始めるのですが...
さて、色々と優先順位を考えていたのですが、ExtensionBuilderの方を少々放置しようと思います。ここまでの調査で実装自体甘く、まだまだ実際に運用するには荷が重いと判断しました。ChromiumEmbededFrameworkのバージョンも古く、ストレージ周りの取り回しの問題等影響で効率の良い開発ができないからです。
そんなこんなで、今回はConfigurator 4の方をやってみましょう。

先日リリースされたIndesign9.1ではFlashインターフェースが復活しています。と言う事でHTMLパネルもIndesignCCで動作させる事が可能となっています。しかし、ひとつ注意していただきたいのは公式にはConfigurator4においてIndesignCCはサポートされないと言う事です。
先日のHack記事を見ていただければ分かる通りConfigurator 4でIndesignCCのパネルを開発する事は可能です。しかし、新しく追加されたメニュー項目等は無視していますし、何らかの予期せぬ挙動が隠れていないとも言い切れません。その辺の事情をお含み置き下さい。
もちろん不審な挙動等はご連絡頂ければ検証する事も可能ですが、ソフトメーカーの様な対応は不可能です。第一能力が足りません。あくまでも自己責任に置いての改造と言う事で拡張していただければと思います。

本日のお題HTMLパネルリファレンスは

http://www.evernote.com/shard/s44/sh/dc3126b0-239d-450d-a6e1-548939ce4787/a69786b46370f1a074dabb1bdb220cc6

面倒なので上記のリンクを踏んでください。

トラックバック(0)

トラックバックURL: /455

コメント(3)

ブログ拝見いたしました。Configurator について非常に詳しく書かれており参考になります。
「Adobe社謹製のサンプルに含まれるパネル向けのライブラリ」について、
色々探してみたのですけれどもLabのコミュニティーを漁っても見つからず、お聞きした次第です。
もしお手数でなければ、お伺いしてもよろしいでしょうか?

サンプルはAdobe Exchangeにて配布されていて、PhotoshopのExchangeパネルからアクセス可能です。ダイレクトリンクはこちらですが、ダウンロードはExchangeから行う必要があります。
http://bit.ly/UrtT8s
前のバージョン向けで、しかもマニフェストをいじらないとCCでは利用出来ません。ご注意を。細かい事はダウンロード後エクステンションの../content/Configurator-Panel.assets/HTML/以下に含まれるアセット関連のファイルを吟味ください。

ご丁寧な説明ありがとうございました。
おかげさまでどうにか一歩を踏み出せそうです。

コメントする

このブログ記事について

このページは、tenが2013年8月27日 12:34に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「retrieve from ID's snipets...インデザインのスニペットから元データを取り出す」です。

次のブログ記事は「インデザインCCで使おう...」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 5.12

    follow? twitter...     
    available on exchange