Extension Builder 3のインストール

| コメント(0) | トラックバック(0)
いや〜、休日の雨はすごかったです。あんまり空が暗かったので平面駐車場を娘を抱えて全力ダッシュして車に乗り込んだのですが、そのとたん前触れも無く、どちゃ〜っときました。もうワイパーかけても前なんか見えません。危うく全身ずぶぬれになるところでした。どうやら梅雨も終わりのようですが、いきなり気温が35℃とかになっちゃうと倒れそうです。そうそう。親戚のちびっ子が集まっていたので風船で色々作って上げました。
ゾウさんやらキリンさん、ネズミさんに大きなお花なんか大量生産しましたが、ちびっ子がやってきて「おっちゃん、ヘビほしい!」う〜ん、膨らませたまんまでいいんかい!おいちゃんの今までの努力はなんだったのでしょうw
きっちり、風船使い切ってきたので、また仕入れなきゃいけません。
さて、本日はExtension Builder 3をセットアップしてみましょう。このEB3はプレリリース状態です。しばらくはCCアプリのアップデートとからんでテストがてら使用可能ですので気軽にお試しするとよいとおもいます。
まずは必要なものを集めます。最初はEclipseです。この開発環境が無いとはじまりません。

http://www.eclipse.org/downloads/

ダウンロードしてインストールします。で、おもむろに起動したい所ですが、先にEB3のダウンロードと解凍をしておきましょう。

http://labs.adobe.com/downloads/extensionbuilder3.html

ダウンロード後、解凍します。出来たらEclipseの起動です。ややこしい設定なんかは必要ありません。わたしの利用しているバージョンは4.2.2ですが、最新は4.3だと思います。

helpメニューからInstall New Applicationを選びます。

eb3Inst1.png
installウインドウが開きます。addボタンをクリックしてローカルから先程解凍したEB3のフォルダを選択します。

eb3Inst2.png
この様に「Adobe Extension Builder 3」が表示されます。左のチェックボックスをにチェックを入れます。

eb3Inst3.png
nextをクリックします。

eb3Inst4.png
インストールされるアプリケーションがリストアップされます。もう一度nextをクリックしましょう。
eb3Inst5.png

次に出てきたのはライセンス関連の記述です。accept agreementの方にチェックを入れてfinishをクリックするとインストールが始まります。
こんなウインドウが出たらインストール終了。eclipseを再起動させましょう。

eb3Inst6.png起動したら、window→open perspectiveと辿ります。一番上にExtension Builder 3がリストアップされているので選択します。以上で開発環境の整備は終了です。

eb3Inst7.png


スタートページからGetting Startedをチェックするとよいでしょう。ヘルプを含めまだまだ整備が行き届いていません。

eb3Inst8.pngしかしながら、最低限のオブジェクト関係のリファレンスはありますのでご安心を。

eb3Inst9.png次から細かい所の解説を行いたいと思います。











トラックバック(0)

トラックバックURL: /444

コメントする

このブログ記事について

このページは、tenが2013年7月 8日 12:24に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「Javascript Tool Guide CC」を校正する-初校」です。

次のブログ記事は「INDD、QRコード機能の解析」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 5.12

    follow? twitter...     
    available on exchange