集めます

| コメント(0) | トラックバック(0)

忙しいとあっちのドキュメントやこっちのドキュメントからコピペで色々並べたりするわけですが、もちろん配置画像だからって遠慮せずにペタペタします。そうすると配置画像のいらっしゃるディレクトリがわけわかめ(死語)状態になったりするのです。
よいこの皆様はこんな事しませんよね?でも基本的にいけない子のTenはやっちゃいます。そして後ほどデータ収集したりするのですが、これはコレクターで一発処理なのは以前書いています。
でも、今日は先にライブラリから収集する事を余儀なくされてしまったので「あとでなんとかすりゃいいや」が通用しない事に。で、既存ファイルを開いて選択した配置画像を一所に集めるスクリプトを書きなさい(制限時間5分)となったのでした。

まあ、3分間クッキング的な代物です。

var tgDirNm= Folder.selectDialog('保存先フォルダを指定して下さい');
var tgDir = new Folder(tgDirNm);
var imgDir = new Folder(tgDirNm+ '/links');
if (!imgDir.exists) imgDir .create();


var tg = app.activeDocument.selection;
for (i=0;i<tg.length; i++){
     imgSrc = new File(tg[i].file.fullName);
     nwFileNm = tgDirNm+"/links/"+ tg[i].file.name;
     if (imgSrc!=null) imgSrc.copy(nwFileNm);
     }

AIドキュメント上で配置画像を選択した状態で走らせるとフォルダを聞いてきますので指定してあげます。そのフォルダに「links」ってフォルダがなければ作っちゃいますが、そのフォルダに画像を勝手に集めてくれるちょっと親切な子だったりします。

トラックバック(0)

トラックバックURL: /424

コメントする

このブログ記事について

このページは、tenが2013年3月10日 13:55に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ややこしいからつなげちゃえ!!!」です。

次のブログ記事は「今さらSING???」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 5.12

    follow? twitter...     
    available on exchange