2010年2月アーカイブ

え〜、先日Webインターフェース上からPHPを使ってオンザフライでPDFを生成する作業をやったのだけど、なんか以前お世話になったサイトとか情報がまったく消えてたんだ。まあ、数年前の話なので仕方の無い部分もあるとは思うけどね。で、思い出しながら色々とやってたんだ。 気分的には浦島太郎状態な訳だけど、結構手の込んだ事やってたりするのでこのまま捨て置くのも勿体ない話だと思うんだ。だからここに当時のままのコードなんか貼り捨てておこうと思ったりするんだね。このソースはとっても長いので解説は勘弁して下さい。 でも、最後にちらっとサンプルコードなんか載っけとこうと思うんだ。 え〜と、このソースに関してはGPLライセンスとなります。あと、当然のごとくfpdfとfpdiというライブラリは必須なので調べてインストールして下さい。

今回のエントリはタイトルの通り、ヒプソートをJavascriptを使ってやってみようと言うことなんだ。
このbinary search treeを利用したソートアルゴリズムはとても有名で、プログラムを学んだ者なら一度は通っているはずなんだけど、Adobeのアプリケーションをコントロールする為になし崩し的にscript書いていると、こう云ったアルゴリズムをコードに落とすトレーニングなんかしてないと思うのでちょろっと頭の体操がわりに考えてみたら良いと思うんだ。
もちろん、ソートキーとその他のデータを関連づけておけばデータをソートして自動編集なんて芸当にも応用がきくので、ぜひとも理解しておきたい所だね。

このアーカイブについて

このページには、2010年2月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2010年1月です。

次のアーカイブは2010年3月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 5.12

    follow? twitter...     
    available on exchange